特別な日のDinnerに。。。

アメリカでクリスマスはお盆みたいなもので、家族と家ですごすのが普通ですが、やはり日本人としては クリスマスこそ外食したい!という感覚なのではないでしょうか
というわけで 今回はクリスマスの聖夜といわず、特別な日にぜひお勧めしたい「とびきりDINNER」を2件ご提案。ただし当然お値段は張りますので、お父さんとご相談の上お試しくださいませ。


お勧め度1位 Ritz Carton Dining Room

少なくとも私が聞く限り このこのDining Roomを賞賛しなかった人はいない。 皆一応に「すばらしかった」「アトランタで#1」を連呼するDining Room。Atlanta Zagatでも料理得点第1位。(次に紹介する Bacchanaliaと並んでですが。。) そして 私自身もこのレストランはほかのレストランと(色々な意味で)レベルが一段も二段も違うと確信, 間違いなくアトランタナンバー1レストランです。

ドレスコードがあるのはもちろんですが、いったん足を踏み入れると 落ち着いた調度品、そしていわずもがな上品な雰囲気。周りの方々は 華やかなツーピースをお召しになったおばあちゃまやら、お高い雰囲気がむんむんに出たご婦人、ジャケットを”はんなり”はおった殿方がいらっしゃるような雰囲気といえば少し伝わるでしょうか。

一度限りの贅沢だからと 主人を拝み倒し、Chef Arnaud Berthelier's Tasting Menuと各皿に合わせてソムリエが選んだワインをテースティングできるwineもオーダー。
まあその料理のすばらしいこと。料理を写真にとってブログで紹介したかったところでしたが そんな雰囲気はまったくなく、写真でお見せできなかったのが残念ですが、いわゆる世界三台珍味(フォアグラ、キャビア、トリュフ)がふんだんに使われ、一品一品とても手が込んでいる上に、美味。それにあわせた ソムリエ特選ワインが本当に料理に合ってびっくりしました。ワインは大好きな私ですが、こういう風に料理にあわせるものかと 今まで自分のワインのセレクトの適当さが瞬間的にわかるくらい 目からうろこが落ちました。ワインがまわってくるにつれて、緊張感もほぐれ「おいしーーーーーーーーーーー」を連呼しておりました。

サービスも満点。日本のように作り笑いを満面にたたえたウェーターが低頭にサーブしてくださいました。(若干満面の笑みが無理があって引きつっているようにも見えたのですが、それもご愛嬌かな。あの笑みはアメリカでは絶対見ないですよね。)

筆舌に尽くしがたいのですが、とにかくすばらしい。が、メニューをご覧になってお分かりでしょうが、お値段もすばらしい。ちなみに お席に着いたらまず「食前酒は?」と聞かれますので、その分も加算してみてください。ね、すばらしいでしょう。アメリカでこれだけの金額を使うにはかなり勇気が要りますよ。(もちろん日本でも勇気が要りますけど)

一度きりとはいえ、こんなすばらしいダイニングでお食事できたのは本当に本当に幸せでした。主人にしても すばらしかったと満足120%でしたが、それでもなお お財布を思うと言葉数が少なくなるのは仕方ないか。でももう一度 訪れてみたいと思わずに入られません。。。


それから、こちらのホテルのAFTERNNON TEAもかなりナイスだそうです。どなたかトライされた方 感想を教えてください!!



お勧め度2位 Bacchanalia

c0054408_1303268.jpgこれはAtlanta Zagat総合ランキング1位。Ritz Cartonをみて面食らった方も このレストランは破格ではないので大丈夫です。

ニューアメリカン料理で、ディナーはPre-fix Dinnerのみ。68ドルですから やはりお高めではありますが これに皆でワインをボトルで飲んでも Ritz Cartonのようにはなりませんよね? 店内はお高い雰囲気というよりは、ちょっと暗めの落ちついた雰囲気ながら 所狭しと並べられたテーブルに満席のお客さんなので 活気があります。静かにdinnerをというよりは、少々声を上げて笑っても大丈夫そうな雰囲気。

お料理もシェフの創作部分も多いようで アイディア満点といった感じでした。Chopsなどの有名ステーキレストランにもそれ以前にいったことはありましたが、やはりステーキだからか味の大雑把な感じがして、しかも量が多く これぞアメリカだよなあと思った後でしたので、量も多すぎずしかも手の込んだ料理を食べたのは このBacchanaliaが初めてで、とても感動した野を覚えています。
がこのレストランに行ったのが かなり昔のため どんなお料理だったか詳細に語れないのが申し訳ないのですが、とにかく盛り付けもこだわられていて、雰囲気もいいし、もし私が独身なら彼氏に誕生日を祝ってもらうならこのレストラン!とおもいましたよ。

日曜日は営業していないので、土曜日は特に混む様子。予約がとりにくいと聞いて 私もあらかじめ2ヶ月前に予約をしましたが、それでもなお 土曜日のいい時間帯(7時付近)はすでに予約でいっぱいで 多少時間をずらさなければならなかったので、人気のほどが知れます。絶対予約が必要なお店です。

ぜひどうでしょうか。
[PR]
by kitaponnice | 2005-12-14 00:42 | 食いしん坊万歳!ATL編 
<< 酒飲みバトン 香港 美食三昧 >>