<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

進化し続ける肉屋 ; PATAK 

PATAK MEETを先日紹介したけれど、毎回行くたびに驚かされる。
店舗を二倍に拡大したのはつい先日の4,5月のことだったが、それにとどまらないのだ。

というのも、今日も久しぶりに行ってみたら、店の入り口の看板は立派になっているし、
今までなかった鶏肉まで取り扱うようになっていた。
しかも、お肉とは関係ないけど ドイツ風なのだろうか菓子パン類までおきはじめていて、ずいぶんビジネスが拡大傾向を見せている。

c0054408_147618.jpgこれもその一つなのだけど、外はアイスのコーンに使うワッフル生地のちょっとやわらかめのもので、中はカスタードクリームとはまた違うクリームが入っているもの。一人で食べきるにはちょっとつらい感じだけど、悪くないかな。。。
[PR]
by kitaponnice | 2005-06-25 01:48 | いいものみつけた in ATL

Tamarind -アトランタ一!タイ料理の店-

Tamarind。ご存知ですか。

14thとSpringsの角近くにあるタイ料理やさんです。アトランタZAGAT サーベイでも上位ランキングのお店。 しかもオーガスタのツアーの際には、PGAの御用達レストランとも、タイガーウッズお気に入りの店とも聞くこの店。

噂はかねがね聞いていたので ぜひ一度はと思っていたのですが、とうとう昨日チャンスがあって行ってきました。

お料理はどれも押しなべておいしくて(飛び上がるほどうまい!とかんじたわけではないですけれど)満足でしたし、気になるお値段も アペタイザー一皿6,7ドル、カレーやらパッタイなども20ドル弱とべらぼうなお値段でもなかったし、とてもいい印象を受けました。

昨日はお誕生会で使用したのですが、あらかじめ誕生日ディナーだということを伝えておくと、食事の最後にろうそく付デザートを運んできてくれて、タイの銅鑼(という表現が適切かどうかわからないのですが、とにかくゴーーーーンとなる鐘)とともに、お店の人が Happy Birthday♪と歌ってくれます。ノスタルジックな銅鑼の音と、Happy Birthday♪のミスマッチ感が微妙でなんとも味わい深かった。

店頭に人力車がありますので、そこで記念撮影も忘れずにどうぞ。c0054408_10452326.jpg
[PR]
by kitaponnice | 2005-06-22 10:43 | 食いしん坊万歳!ATL編 

怪我の功名

アボガドを食べようと思い 手のひらの上で種を包丁をつかって取り出そうとしたら 手が滑り ずばっと自分を切ってしまった。今回はかなり激しくやらかしてしまい、親指の付け根、手のひらが負傷。包丁ってこんなに良く切れるものなんだと体感した。

c0054408_2334760.jpg当日は持ち寄りパーティーのある日で、私はハンバーグとスコッチエッグを作る予定だったのだが、この手ではどうしようもないので、主人に頼んだら予想に反して快諾。結構意気込んで作ってくれた。

c0054408_234297.jpg
幸い皆様には好評いただいたようで、その好評ぶりが本人は痛く嬉しかった様子。これを期に料理に目覚めてもらえれば これぞ「怪我の功名」だと思うのだけど。
[PR]
by kitaponnice | 2005-06-21 23:06 | ATLの生活

愛を”すくすくと”・・・ *結婚式のご報告*

5/26の結婚式は、雲日一つなく晴天というわけではなかったが、ありがたいことに青空だった。

c0054408_1135511.jpgガラス張りのチャペルから海が望め、式の後砂浜にも降りれるから・・という理由で選んだチャペルは、青を基調とした内装でさわやかな印象だった。

ロマンチックというには程遠いタイプの私。バージンロードを父と歩くまではむしろおちゃらけていたが、バージンロードを歩き終わり新郎のとなりへ並ぶ前に、父に「幸せになってくださいね。おめでとう」といわれたあたりから、予想だにせず感極まるものがあり、式が始まり二人向かいあい手を重ねてあって誓いの言葉を述べるあたりでは 彼の手の温かみを感じながらなんだか涙もうっすら。一年以上前に籍を入れたはずなのに、妙にこの人と結婚したんだなぁとじーんときていた。こうして結婚式をやってよかった・・・そんなかんじ。

牧師様はアメリカ人だったが、誓いの言葉はもちろん日本語。片言の牧師様の言葉に一語一語続く。
新郎側から近いの言葉が始まる。「私は、あなたを妻とし・・・」。友達の結婚式でもドラマでも再三聞いた言葉。だけど感動しながらきいていた。いよいよ 誓いの言葉も終わりに近い

牧師様 「やめるときも貧しいときも」
主人   「やめるときも貧しいときも」
牧師様 「愛をすくすくと」
主人   「愛をすくすくと」
私    「?????(”すくすく”???)」 
牧師様 「誓います」
主人   「誓います・・・」

おーい!「愛をすくすくっと誓います」って!!!そんなの絶対おかし-い!!

自分の誓いの言葉が始まる前の本当にわずかの間にフル高速回転で考えた挙句「”すくすく”ではなくて”注ぐこと”ではないのか」という結論に達したと同時に、それを「すくすく」といってしまった主人がおかしくておかしくて、悲しいかなそれまでのじーんという感動が吹き飛んでしまった。

私の時は絶対正しく聞き取って正しく言わなくちゃとおもいながら、笑いをこらえ私も誓いの言葉を述べる。今にも爆発寸前の笑いを懸命にこらえているので声が震える。多分、周りは私が今にも泣き出すのではないかと思っているに違いない。

そして問題のポイントへ。。。。
全神経をとぎすます・・・

牧師様 「愛をすくすくと」
私    「・・・・・・・・・・・」
嗚呼。哀れ。「すくすく」とにしか聞こえなかった。

どうしよう。なんて言おうか。。。
主人に「すくすくじゃおかしいよね!!!!」と救いのまなざしを投げるが
主人は私をただまっすぐ私を見つめるばかり。
多分、「さあ、泣かずに最後までがんばって!」ぐらいに思っているのかもしれない。

ものすごい間が空いて、迷いに迷った挙句
「・・・・・・愛をすくすくとちかいます。」
あきらめの境地。脱力。



あとで主人にこの「すくすく」問題について 変に思わなかったかと聞いたところ「すくすくとの後に”はぐくむことを”など続くと思ったら、誓いますでいきなりおわって驚いた。」といっていた。ちなみに、ホテルに戻りあらかじめもらっていた誓いの言葉を文字にした紙を読んだところ「愛を尽くすことを誓います」が正解だった。「尽くすこと」には申し訳ないが100歩譲っても聞こえなかった。

後日ウェディング会社からのアンケートでその他気になったことの欄に、今後のカップルのためにこの点を記しておいた。 でもこれもいい思い出の一つかな。

c0054408_11392829.jpgc0054408_11401093.jpg
[PR]
by kitaponnice | 2005-06-14 11:43 | Hawaii Wedding

帰ってきました

楽しい思い出も沢山残りましたがそんな余韻に浸るまもなく
見渡せば洗濯物の山・散らかり放題の家・メラニン色素全開+ぐうたら生活により太ったの自分など、ハワイでの生活と今の現実とのギャップにすでに喘ぎ気味です。

今回の旅行はいきなり大寝坊(家を出発すべき時間に目が覚めたというか起こされた)から始まるなど、事件も盛りだくさんでしたので そちらもおいおい・・・・

プログも再開します!
どうぞヨロシクお願いします。
[PR]
by kitaponnice | 2005-06-13 10:23 | ATLの生活