<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Dry County ~お酒にまつわるお話~

アラバマに出張に出かけた主人が 数ある出張の中で初めてビールを持っていった。

というのも、今回出かける場所のCountyは お酒の販売を禁じているDry Countyだからだそうで、となりのCountyに行けば酒がかえると思うけど、それも面倒なのでホテルで寝る前の一杯用のビールにということで、もっていくことにしたらしい。
”Dry County”という言葉を聴いたことがなかったのでちょっと面白かった。

GAは日曜日にお店でお酒の販売を禁じられているが、お隣FLは日曜日でもお酒は販売していると聞いた。 州 Countyによって酒の取り扱いがこんなに違うとは、アメリカは本当に面白い国だ。

余談だけど、公の場(道路など)でお酒を飲むのは違法だそうですね。
そんなことも知らず、7月4日の花火大会の時に道路わきで花火を見上げながら ビールを飲んでしまった。これはGAの法律違反なのか、国の法律違反なのか定かではないけれど、日本ではそんな法律はないですよね。(花見の文化があるせいかな)
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-31 21:52 | ATLの生活

感動して涙が出た ”ONE” ”TWO”

なんのこっちゃ???のタイトルですが、今回はカテゴリからご推察いただいたとおり 
レストラン情報です。


アトランタのレストランで しばらくぶりに大変感動したレストランに出会ったんです。
もちろん、お酒を片手に友達と食事をしながら楽しく語らったので
その楽しさが このレストランの評価をさらにあげているのかもしれません。

でも、それにつけてもとにかく超お勧めだから行くべし、とお勧めしたい。
アトランタってこんな かっこいいレストランあるんだね、
と遠方から遊びに来てもらった友達をうならせたいなら、
ぜひこちらのレストランに連れていきたい そんなレストランです。

その名も
One Midtown Kitchen
Two urban licks


Oneのほうは Zagatでもかなりランクが高いですし ご存知の方もおおいでしょう。
Twoはその姉妹店です。

今回 行ってみたのは TWOのほう。

こんなところにレストランが?というlocationで
看板の指示通りに車を進めていくと 車寄せがあり
目の前がレストランの入り口。
この入り口を見た時点で、「このレストランはイケル!」と
確信したほど、かっこいい。
場所が場所だけに 隠れ家的お気に入りレストランを見つけた感覚。

とにかく雰囲気がおしゃれで、若い人向き。
(若い人向きとはいったけれど、おしゃれなレストランにOLやカップルばかりが並ぶ
東京のレストランとは違って、幅広い層の人がいるのが
アメリカの特徴だななんて思います。)
話はそれましたが、店内は広いうえに、天井が本当に高い。
ほのぐらい照明だけど 広い店内のすべてのテーブルが
人、人、人で埋め尽くされているし、音楽もかかっているので 
うるさいぐらい活気があります。

インテリアデザインもかなり私は好きでしたし、
天井が高いので開放感があり
それでいて肩肘張らず気楽に食事が楽しめるそんなところです。
店員さんもフレンドリーで○。
「こんなかっこいいレストランがアトランタにあるなんて♪」
と のっけからウキウキだった私。
友達とシャンパンをあけ、すっかり良い気分になってしまいました。

お料理は、”超”がつくほどおいしいというわけではなかったですが
工夫が凝らしてある料理で 珍しいものが多かったので楽しめました。
概して言うのなら、アメリカン料理なのだけど少し手を加えて
オリエンタルな仕上がりになっているような創作料理系とでもいいましょうか。
スパイシーなものも かなりあったのが驚きでした。

久しぶりに良い雰囲気のレストランで楽しく食事をしたという感じです。
というわけで、皆さんも楽しめること請け合いです。

ちなみに 一緒に同行した友達によれば
ONEも似たような料理、そして雰囲気で とてもお勧めとのこと。
ただし、TWOのほうが店内もかなり広いし 「よりお勧めかも」といっていました。

絶対予約が必要なお店です。前もっての予約をお勧めします
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-29 05:01 | 食いしん坊万歳!ATL編 

誕生日ケーキ

paripariumeさんの誕生日を記念してケーキを作ってみました。
1月生まれの彼女なので 冬らしく水仙をあしらってみました。

c0054408_584126.jpg


雪原に咲く一輪の健気な水仙のイメージで作りたかったのですが、
ぜんぜん違う出来上がりになってしまいました。
赤いケーキボードが効きすぎました。とほほ。
水仙とケーキがまったくミスマッチですわ~
飾りとケーキの大きさのバランスもだめですし 
ケーキの難しさをまた感じました。

「アクシデント」発生のため 
試食にまでいたりませんでしたが どうだったかな。
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-28 05:10 | 料理奮闘記

洗車しました

主人が今出張に行っているので、この間に主人の車に手を入れてやろうと思い、
オイルチェンジと洗車をしてきました。
 

洗車ってガソリンスタンドでもできますが、どうも物足りないんですよね。
ましてや自分で洗車する気もおきません。

c0054408_6303613.jpgとなると人に洗ってもらうしかないわけですが、街を車で走っているとみかけるCar wash場で磨かれた車の美しい仕上がりに時々目を奪われますよね。
うちの車もあんなふうに 手でぴかぴかに磨きあげて欲しい~みたいな感にとらわれるほど 車が眩く光ってます(それが彼らの狙いだとは思いますけれど)。

というわけで、 たまーにいく洗車は 手でぴかぴかCar Washにいくことにしてます。今日も行ってきました。


ちなみに今まで行ったことない方のために、どんなにお手軽か
一連の流れをご紹介しますね。

1. 車で Car Wash Enterの看板方向へ進んでいくと係りの人がたっている
2. Car washのコースを選択して車を降りる
3. 20分から30分ほど店内でまつ
  (中には、インターネットもあるし(といっても日本語不可ですけどね)テレビもあるし
   少なくともPepboysよりも非常に快適な空間で時間をつぶすことができます。
   レジのお姉さんもきれいだし、店内も明るくてきれい♪)
   この間にレジでお会計を済ます
4. 車が出来上がると 放送で呼ばれる。
   仮に聞き取れなくても、屋内から自分の車が出来上がったのが見えるので
   心配不要です。(私はいつも目で確認してます)
5. 車のところに歩いていくと、担当者がいる(または歩いてくる)ので
  チップを渡す。
6. 車に乗り込み出発。出口付近に 人が立っているのでレシートを提示。
   今日の仕上がりについて満足か聞かれて、コースによっては芳香剤をしてもらう。
   芳香剤のにおいは自分で選べます。
   (今日は ストロベリーを選び むせるようなにおいにとても後悔しました。
    もっと自然な匂いを選べばよかった・・・)


車なんて走ればいいと思っている私なので
決してお手入れはまめにやっていないのですが
こうして洗車してもらうと車内も外見も本当にぴかぴかになりかなりいい気分です。
手軽ですし、たまに20,30ドル出してピカピカにしてもらうのもいいですね。


せめて主人が帰ってくるまで雨が降らないことを祈ります。
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-26 06:32 | ATLの生活

ビーツ

アメリカに来て 色々知らない野菜を目にします。アメリカに来た当初は知らなくても そのうちこういう野菜たちも料理するようになるのかなぁと思っていましたが、料理のバリエーションは広がらないもので、知らない野菜は知らない野菜のままもう2年が過ぎていこうとしています。

が、このたびBeetz(ビーツ)が私のレシピに仲間入り。
珍しいのでご紹介しましょう。

                  これがビーツです。↓
c0054408_12243264.jpg


赤カブよりも皮が厚く頑丈そうな野菜で
Publixなんかでもうっています。
茎の色、球根(というのかしら)のどぎついラズベリー色が印象的です。


私が教わった食べ方は非常に簡単。
1. 洗ってホイルに包み 400°Fのオーブンで 40分から1時間
2. 1を取り出して皮をむき 適当な大きさにきって
c0054408_12275094.jpg3. ”ボアーズヘッド”のhoseradish sauceとあえるだけ



完成品は、ビーツの果汁のため 白いソースが赤く染まり、ラズベリーヨーグルトと合えたかのような和え物に。ビーツ自体は火を通すとかなり甘さがでて大根を煮た甘さに近く、歯ごたえもまさにそんなかんじです。それにピリッとホースラディッシュソースがきいて お手軽ながらなかなかおいしいです。

このビーツですごいのは次の日。
「次の日血尿みたいになるけど心配しないで」といわって教わったこのレシピ。
なるほどーでした。

一回目食べたときは、
一人一株もりもりたべたせいでしょうか、
オーブンの温度が低く少し半生でたべたせいでしょうか
血尿どころではありませんでした。
あれも、これも全部赤くなりびっくりしました。
しかも誇張抜きで面白いほど超ラズベリー色。
あんなに染まったのは初体験でしたのでかなり驚きました。
でもちょっと面白かったりして。
自分の消化スピードが分かっていいかも。

ちなみに2回目はよーく高い温度火を通してたべたところ
果汁がホイルの中にだいぶ落ちたようで
少し色がついてるかな?ぐらいでたいしたことありませんでしたよ。

多分半生で硬いぐらいで食べたから1回目はすごかったんだと思います。
いずれにしても 異国の味をぜひ試してみてください。

ちなみにスーパーのおばさんに
「私は 生のbeetz買ったことないのにすごいわね。」と言われました。
それをきいて 逆に「Beetzのどんな加工食品があるのか」と聞きたかったんですけど
間を逃してしまった。
残念。


皆さんの アメリカン野菜レシピ よかったらぜひ教えてください!
 
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-23 12:37 | 食いしん坊万歳!ATL編 

アメリカ人は歯が命!?

相当昔 東幹久と高岡サキのCMで「芸能人は歯が命」ってありましたよね。その当時は 自分の歯のことなんて大して気にならない年頃でした。

さて、アメリカに来て気がついたのは、アメリカ人の歯が白いこと。
おばさんでも歯が青白いくらい白い人が多いことにお気づきになりましたでしょうか。
黒人の方も歯が白い人多いですよね。肌の色とのコントラストでまぶしいくらいに感じるときさえありませんか。
白い歯は見ていてもすがすがしく 若々しくさえ見えます。
そう思うと 前々から気にはなっていたのだけど、アメリカに来て歯のホワイトニングについてさらに関心がたかまりました。

やはり周りの人に聞いてみると アメリカ人は 日本人よりも歯の白さに対してかなり関心が高いようで、歯のホワイトニング率はかなり高いようです。

そこで、私もあの青白い歯になりたい!と思って植月先生にお世話になった際色々質問をしてみました。

そこでわかったこと。

* 誰しもが青白い歯になれるわけではない
    私の歯は黄色みを帯びていたので ホワイトニングで青白くしたい!と訴えたところ
    歯のタイプには2種類あって 青みをおびている人と黄色みを帯びている人と
    (多分)二種類あるとのこと。これは遺伝的なものなので黄色みを帯びている
    私のような歯はどんなことをしても青白くはならないならないのだそうです。

*アメリカの歯医者でホワイトニングをするといくらぐらいか
    私の知人の話だと、歯医者さんのホワイトニングは、自分の歯型にあわせて
    ホワイトニング液を入れる型を作り その型の中に液を入れて夜はめて寝るということを
    続けるというもの。
    最初に毎晩続けて徹底的に白くした後は一定の間隔で(半年)ホワイトニングをする。
    ホワイトニング液さえあれば この型はずっと使えるそうです
    そのお値段 大体400,500ドルくらいと聞きました。

    私も植月先生のところで聴いた話でも同じような感じでした。

*Crest Whitestrips
    歯医者さんのアドバイスによると そんなにホワイトニングにお金をかける必要もない
    とのことなので 薬局のホワイトニングぐらいで十分とアドバイスされました。

    お勧めなのは Crestのものだそうで、私も早速 CrestのWhitestripsを早速2週間やってみました。
    と、自分でも目に見えるほどやはり白くなりました。
    その後歯医者で詰め物をするときに歯と同じ色の詰め物のカラーサンプルで
    見たところ、黄色みを帯びた歯の中で一番白い色で大丈夫なほどに。
    これはちょっと感動しました。

    が、あれから半年が経過し、また元に戻ってきたので、今日からまた whitningを
    開始しました。永遠に白い歯など コーヒーやらコーラーやらワインを飲んでいては
    ありえませんね。



ちなみに この Crest Whitestripeの使い心地ですが、正直あんまり気持ちのいいものではありません。テープを歯に貼り付けて30分ほどおきます。この間にジュワーっとわずかに泡が出てきて口の中が少々ふかいになりうがいをしたくなります。でも、何日か使い続けていると この泡が減っていく感じがします。ということは、この泡はステインをとるための薬品による化学変化の一環なんでしょうね。気持ち悪くても我慢、我慢。
 
他社の製品を使ってみたことがありますが、 歯を磨いてからホワイトニングをしなければならなかったり テープではなくて筆で歯の一本一本に液を塗らなければならなかったりするものだったので、面倒くさがりの私には続けられませんでした。その点 crestのものは直前に歯を磨かないでくださいと明記してあるくらいなので、気が向いたときに 袋からテープを取り出して歯に貼り付けるだけ。後は メールでもブログでも掃除でもしていればいいわけですから手軽ですよ。一日2回、7日間でかなり白くなりますよ。

ちなみに いつまでかわかりませんが、現在COSTCOで期間限定でCrest Whitestripeがdiscout価格で売ってますよ。
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-21 11:48 | いいものみつけた in ATL

急げ、oil change!

陸の孤島アトランタで 車はなくてはならない生活必需品。

というわけで 皆さん手入れされていると思います。
特に アメリカに来て oil changeをみなさん頻繁にしているように思うのですが、
それは私の気のせいでしょうか。
3000マイルごとに変えるようにとプロに聞きましたが、皆さんもそんな頻度で変えられていますか。


さて、 その oil changeが 1/28/2006まで PEPBOYSにて なんと11ドルですよ。コレは安い。
お店では通常通りの26ドルの支払いをするのですが、15ドルがmail rebate で返ってきます。ちなみに すいていれば 30分でできます。(混んでいると2時間なんてこともありますけれど。)



我が家は面倒なことをやるのは すべて妻の私ですので、ついつい昔もゴルフボールのmail rebateを私の名前で出してしまいました。(理由:当時アトランタにきたばかりで 郵便物はすべて主人宛だったのがさびしかったので、自分宛の手紙が欲しかった。)と、私の名前でチェックが送られてきたのですが、当時 我が家の銀行口座は joint口座にしていなかったため、銀行で換金できず、仕方なく 街角の「Check Cash」で手数料を払って換金しました。そうでなくても 10ドル足らずのチェックが手取り7,8ドルになってしまって、「こんなことは日本ではないのに・・・」と涙したものです。
というわけで、 同じような条件の方、銀行で換金できるように リベートのチェックの受取人の名前はご注意なさってくださいね。(それとも そんなことをしているのは私だけかしら?)
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-20 07:15 | いいものみつけた in ATL

私のセレクト”タイ料理”

久しぶりにレストランねたを!

アトランタに来て色々な国籍料理を食べるようになりました。
もちろん日本でも色々お店はあるけれど、つい”おしゃれな”お店を選びがちで 料理の国籍にこだわることは少なかった私です。

その中で本日は、私の好きなタイ料理のレストランをご紹介しましょう。

1.Lemon Grass

ここは"安い”、”うまい”、"量がとっても多い”というので本当にお勧め。
私のもっている古いZagatには載っていないのですが、今は載っているかしら。とにかく要チェック。

基本的にここの味付けはちょっと甘め。私自身も料理は少し砂糖を多めに加えるくらいのほうがすきなので ここの味付けはたまりません。

絶対試して欲しいのが、
*Cheese ROLL
  (春巻きの中に 色々混ざったクリームチーズというもの。本当においしい。
  dinner menuだけど Lunchのセットの春巻きの代わりにCheese Rollを!と
  いうとランチでも食べられる裏技あり。


*串焼きチキン(名前を忘れてしまったけれど、アペタイザー欄にあり)
  飛びぬけてうまいというわけではないけれど焼き鳥風。おいしいです

*ココナッツスープ(Tom Kha)
  ここにきたら絶対食べます。ちょっと甘くて本当においしいんです。
  とりこになりますので、試してみてください。

*パッタイ
   タイ料理の定番ですね。

*チャーハン 
   これまたちょっと甘めな味付けなんだけど病み付き。     

このほかにタイカレーもおいしいし、結構押しなべておいしいんですよー。

それから繰り返すようですけれど、ここは量がとても多いのです。というわけで、一人前のテイクアウト分で十分二人分間に合います。チャーハンやら、パッタイなどなど 今日は料理が面倒だわという日はテイクアウトしてみてください。お得だと思います!

いつもにぎわっていますが、予約はしなくても大丈夫かな。こちらのオーナーの奥さんは日本人の方ですよ。
   EastLake Shopping Center
   2145 Roswell rd, suite 190
   Marietta Ga 30062
  
   770-973-7478



2. Tamarind
    先日紹介しましたね。お勧め度は高いですが、お値段もまあまあするので
    しょっちゅうはいけないかなー。

3. Nan
    Tamarindと同じ経営者が経営しているそう。

    これはTamarindよりもさらに高級です。私は行ったことないのですけど
    よさそうなので一度いってみたい。 どなたか行った方感想教えてください!

4. Thai Chili

こちらはカジュアルレストランです
   お勧め度は Lemon grassよりかなり下がりますが、タイ料理のレストランの割りに
   テーブルにはろうそくがともされていたりして ちょっと雰囲気があります。
   でもめっちゃおしゃれではないですけれど。
   
   Zagatではかなり高めの評価ですが、私はLemon Grassに一票。

   Briar Vista Shopping Ctr
    2169 Briarcliff rd NE
    Atlatna Ga
    404-315-6750


5. Little Bangkok

   そして最後に紹介するこのレストランもカジュアル。

   ちょっと周辺が怪しい立地ですが、私にとってはとても思い出の店。
   アトランタに来たばかりのころによく通いました。
   中華とタイ料理の両方を出していて パッタイはなかなかおいしいです
   あと、モンゴリアンビーフもご飯が進みます。(←中華ですけど)
   お店のおしゃれ度は低いけれど安いですよ。



というわけで、今回の一押しは、Lemon Grass。普段ちょくちょく行くならぜひここです。と皆さんにお伝えしたくて タイ料理特集でした。ほかにもお勧めありましたら教えてくださいね!



   
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-19 10:00 | 食いしん坊万歳!ATL編 

ちょっと一休み。あなたはだぁれ?

ATLの生活とは関係ないのですが、面白かったので。

けんけんさんに日本歴史占いを教えてもらいました。
誕生日を入れて 自分が歴史上の人物の誰になるか みてみてはいかがでしょうか? 



c0054408_8475896.jpg私はちなみに阿仏尼。→
鎌倉時代の歌人だそうで。
眉間のしわがこわい。
お嫁さんにするにはナンバー1とあったのですが、ちょっと違うかな。
なんと主人は豊臣秀吉でした。

皆さんは当たっていますか?
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-18 08:22 | ATLの生活

アメリカのイルージョニスト:David Copperfield

c0054408_13151857.jpg


突然ですが、この方 David  Copperfieldです。
アメリカのGreat Magicianです。

普段ラスベガスでマジックショーをやっている彼がアトランタにやってきたので
1/15/2006にFox Thatereに彼のショーを見に行きました。


一言で感想を言うと
ほんとーーーーーーに超面白かった。


正直「どうせ色々ものが消したりする手品なんでしょ~」とか
「Foxでやるショーだから迫力がないかも」などと
妙に斜に構えていた部分があったのですが、
そのトークの面白さ 演出の巧みさに思わず引き込まれ
時に大爆笑しながら 身を乗り出してみてしまいました。
英語がもっとわかれば もっと面白かっただろうにと思いもしましたが
それでもかなり面白かった。

下ネタも随所に織り交ぜながら笑いを誘うトークの展開で
ショーには子供が結構来ていましたので、
子供に見せて大丈夫かと勝手にどきどきしましたが
(よく考えると 卑猥な言葉は一回も使われていないんですけどね。)
そんなこといって、そんなトークに思わずわらっちゃったりするんですよね。
時折見せる彼の にまーっとした笑い顔が
エロオヤジそのもので 苦笑しましたが
(テレビやホームページではすべて二枚目系の写真ばかりで
このエロ親父顔が一枚もないのが私としては非常に残念です。
実際は写真よりももう少し崩れたおじさんです。)
一方で マジックをばしばし決めていく彼を見ていると
かっこいいかもとおもったりする自分もいたりして。



トークも面白くて芸も破格だし やっぱりアメリカで名をはせる人はすごいと
完全にDavidに魅せられて 大大大満足でかえってきました。

みなさんも機会があったら 絶対絶対絶対みるべきだと思いますよ!
超お勧めです。
[PR]
by kitaponnice | 2006-01-16 13:15 | いいものみつけた in ATL